チェサピーク財団(Chesapeake Bay Foundation:CBF)財団は、アメリカ北東部に位置するチェサピーク湾の環境保全・保護を目的に、1967年に設立された非営利団体です。
チェサピーク湾には、米国東部6州(ニューヨーク、ペンシルベニア、メリーランド、デラウエア、バージニア、西バージニア)とワシントンDCに跨り、16万6千平方キロ(日本の面積の45パーセント)に及ぶ広大な流域面積の中に、3000種を超える動植物が生息しています。
CBFは、設立以来40年にわたり、最新的な自然環境・エコシステムに関する教育プログラムを提供しており、米国でも有数の実績を誇っています。

プログラムの特徴

学生対象の環境・エコシステムに関する教育プログラムは、大きく三つのカテゴリーから構成されます。

リーダーシップ・プログラム

環境やエコシステムの保護に必要な基礎知識、計画スキルの改善、チームワークの必要性について修得すると共に、地域共同体のなかで水質・環境改善を啓発するためのリーダーシップ・スキルについて学習します。

フィールド・プログラム多様な環境・エコシステムに関する目的別の1日体験プログラムで、以下のコースを含みます。
  • Arthur Sherwood (MD)
  • Baltimore Harbor Program (MD)
  • Clagett Farm (MD)
  • Hampton Roads Program (VA)
  • James River Program (VA)
  • Philip Merrill Center (MD)
  • Potomac River Program (DC)
  • Skipjack Program (MD)
  • Susquehanna Watershed Education Program (PA)
  • Virginia Canoe Program
  • Virginia Watershed Education Program
宿泊学習プログラム

チェサピーク湾の水質汚染、水質管理、土地利用やエコシステムとの関係などに重点を置いた2泊3日の野外実習プログラムです。イースタン・ショアにある四カ所の何れかの施設で研修を行います。

  • Fox Island Education Center (VA)
  • Karen Noonan Education Center (MD)
  • Port Isobel Education Center (VA)
  • Smith Island Education Center (MD)

その他募集要項詳細

主な対象者
社会人
  • 環境・エコ関連業務に従事している行政機関の若手職員
  • 環境・エコ研究機関の若手職員
  • 日米比較に関心・興味ある社会人
  • 活きた英語とコミュニケーション能力を身に着けたい幹部候補者や若手キャリア
学生
  • 環境・エコ関連に関心ある学生
  • 活きた英語とコミュニケーション能力を身に着けたい学生
参加費用
30万円から40万程度(暫定): プログラムの種類と期間、また換算レートによって変動します。

※費用には、国内研修(渡航前研修・オリエンテーション、フォローアップ)、宿泊費、渡航手続支援などを含みます
※渡航費、旅行傷害保険代、日常の食事代、日本国内での交通費などは含まれません。

実施条件
参加者人数15名以上20名程度
英語力英語力: 中級以上:TOEIC550点程度を目標

募集中のプログラム

COMING SOON...

過去のプログラム

アーカイブ