JGIはグローバル競争時代を勝抜き、国際舞台で活躍できる人材育成のための次世代型インターンシップ・プログラムを提供します。このプログラムは、世界でも有数の国際都市ワシントンDCならではの特徴を活かした実践型短期研修プログラムです。
ワシントンDCには、国際協力・開発、国際政治、国際関係、外交、経済、教育・文化など多岐にわたる分野において、世界をリードする多くの機関と機能が集積しています。このためDCには、世代や国境を越え世界トップレベルの多種多様の人材が多く集まっています。この実践型短期研修プログラムを通し、世界基準の真のグローバル社会を体験します。

DCプログラム

ワシントンDCプログラムは、次の4つの活動から構成されています。

ボランティア活動参加

・就労プログラムを取り入れた先駆的ソーシャルビジネスNPO団体

・歴代大統領が賞賛する米国を代表するコミュニティNPO団体

・首都ワシントンDCの文化遺産などの保守管理を行うアメリカ合衆国国立公園局

国際的専門機関訪問並びに専門家との意見交換

・世界銀行、アジア開発銀行北米代表オフィスほか

・日米・アジア専門シンクタンクほか

・国際的NPO団体ほか

・米国政府機関

積極参加型プログラム:英語使用

・日米学生団体との共同ワークショップと交流

・ワシントンDC日米協会(JASW)でのDCラウンド、テーブルやプレゼンテーション

その他活動

・DCにある著名な大学訪問及び大学トップとの面談

・国際協力、国際関係などに関するクラス聴講、特別講義・レクチャー

なぜワシントンDCなのか?

DCは世界でも有数の国際都市として、次のようなワシントンDCならではの特徴と魅力を持っていることです。

  • 国際政治・外交、国際経済協力の拠点として、重要な役割を果たす国際機関の本部や オフィスがある:
  • 世界トップクラスのシンクタンクやNPO/NGOが集積している:
  • 米国を代表する有名な大学が集積し、教育環境・水準が高い:
  • 大学連盟・協会が集積している:
  • 米国の中央政府機関が集積している:
  • 米国地方自治団体が集積している:
  • 米国を代表する多くの産業・企業団体が集まっている:
  • 世界的にも著名な多数の美術館や博物館がある:
  • 米国建国当時の歴史を記念、あるいはこれまでの戦没者を追悼する多くの記念碑がある:

どの様な成果や効果が期待できるか?

DCの正にグローバルな環境の中で、全米でも屈指の高等教育機関での研修、世界的研究機関における第一のプロフェショナルとの意見交換や交流、また実践的な海外インターンシッププログラムを経験することにより、日本では決して得られない以下の成果が期待できます。

  • グローバル競争社会で必要な価値基準や視点を理解する。
  • コミュニケーション能力、特に国際標準語である英語力の向上を図る。
  • 多人種・多民族社会の中で、世界の多様性や異文化を体験する。
  • 世界をリードするアメリカのビジネス習慣や文化を体験する。
  • 次世代を担う世界トップレベルとの人材と人脈形成ができる。

この様なwin-winの関係のなかで、地方の学生にあっても十分に世界に通用する「グローバル人材」になることができ、地域にもより貢献することができると期待できます。

募集中のプログラム

過去のプログラム

アーカイブ